インクショック

火曜日

終業後

すぐに職場近くの皮膚科に行き

すぐに終わったため

職場に戻り机の片付けをしてから帰宅

自宅のプリンターを始動させると

数日前から少なくなっていたイエローインクが交換しなければならない状態になっていた

新しいものに交換したのだが

全然関知しない

どういうことだ?

入っていた箱の説明書きを見てみると

「これか!」

実はインクが少なくなった数日前に

いったん交換しようと

カートリッジが入っていた真空パックを開封してしまったことが原因のようだ

それで使えなくなるとは…純正なので1本千円弱はしたはずだから

高くついたなぁ…(涙)

はじめまして、タグRTありがとうござい

はじめまして、タグRTありがとうございますフォローさせていただきました!よろしくお願いします

BS知らなければ金融政策は理解不能

BS(バランスシート)を知らなければ金融政策を理解することは不可能です。新聞マスコミを読んで金融政策を知ったようなつもりで居ると、間違いなく御用学者に騙されてしまうでしょう。BSを知らなければ赤子同然なのです。

新聞マスコミはBSを用いて金融政策を説明しません。恐らく、その方が簡単に庶民を騙せるからだと思います。BSを用いて説明すべきことを、言葉だけで説明しようとすると、相当な困難に直面します。もちろん、BSを知っている人ならBSを用いない説明を聞いても意味を理解できます。しかし、BSを知らない人が聞いても、まるでチンプンカンプンか、トンでもない誤解をしている可能性が高いでしょう。BSは図で説明しなければ理解は困難だからです。

そして、金融政策とBSは不可分です。

ゆえに、BSを知らなければ金融政策を理解できないのです。

新聞マスコミが金融政策に関して偉そうなことを書いていても、それをBSで書かないのは非常に怪しい行為です。実のところ、BSで書くと「逃げがきかない」のです。言葉だと、ああいえばこういう式に逃げられますが、BSは数式のごとく厳密なので、誰も逃げられない。ウソだったら、たちどころに炎上します。

たとえば、民間の国債購入、日銀の国債買い入れ財政再建まですべてBSで説明できます。政府、日銀、銀行、民間のBSをならべて変化を追うのです。それをやると、新聞マスコミの説明とは別のことが、いろいろ見えてくるのです。これがまずいんでしょう。庶民が余計な知識を膨大に身につけてしまうことになるからです。

「国の借金ガー」「ハイパーインフレガー」を垂れ流している評論家の本も、BSが書かれていない場合は、ウソ八百を流している場合があるかも知れません。BSを使わなければ、ああいえばこういう式に、どうとでも言えてしまうからです。

BSの基本的な概念は決して難しくありません。もし、新聞マスコミが庶民を騙すつもりでないのであれば、BSの初歩から国民に説明を尽くすべきだと思います。

落語の徒然(上方と江戸落語)

江戸落語は、よく上方落語から,江戸へ移したものが有りますが。

 月並丁稚は、粗忽の使者,主役は、丁稚から侍へ

 禍は下は、権助魚、これも主役は丁稚から、飯炊きに、

 延陽伯は、たらちねこれは、中抜き

 百人坊主は、大山参り、

 上方落語を,よく知っている方は、演者もですが,その土地を歩いてみるのも、落語を,聞いて想像し易くなります。

 演者も、語り口調の人、自分の芸を前面に出す人、演じている人

様々ですし、演目を、場所別に分けてみても面白いものです。

江戸落語では、「永代橋」「白髭橋」「吾妻橋」「両国橋」等が出てきますが、何故か吾妻橋のあたりには、慈悲深い人が出てきます。「文七元結」「佃祭り」等、がそうです。

芝居の噺にもよく出ますが、これは、浅草の,花川戸の近くに旧名称で、猿若町勘九郎の、中村座が有った所です。

両国は,見世物小屋がある場所であるのに、精進決済の,水垢離を行う行場と、それぞれ特徴があります。

 お江戸の下町、ぶらり散歩も新しい発見があるかもしれません。

ラブカまじで蒲田くんだなぁ。週末規模的

ラブカまじで蒲田くんだなぁ。週末規模的にすごくちっちゃい水族館に行ったんですけど、キモカワイイ系いっぱいでおまけにグソクムシさわれるっていうんで大興奮してさわってきた。でっかいタカアシガニの甲羅もさわさわしてきたグソクムシ10センチぐらいだからオオグソクムシさわりたい

乃木坂工事中と欅って書けない?と浅草ベ

乃木坂工事中と欅って書けない?と浅草ベビ9。バラエティーだけでいったら、純粋に最近は浅草ベビ9が1番面白い。