彼が最初の犠牲者を隠遁したのが、もはや

彼が最初の犠牲者を隠遁したのが、もはや家人たちにすら放棄されていた、その崩れかけの土蔵の中だったのだ。五年ぶりに再会した姉は、姿形こそ変わり果てていたが、それでも龍之介が隠したそのままの場所で弟を待っていた。一巻ページ