5月14日の日記

今日の出来事:221年−劉備が皇帝に即位し蜀(蜀漢)が成立、1019年−刀伊の入寇、1868年−北関東戊辰戦争:壬生安塚の戦い、1878年−紀尾井坂の変:内務卿・大久保利通が暗殺、1940年−第二次世界大戦ナチス・ドイツ軍がロッテルダムを爆撃し、オランダが降伏、1945年−名古屋空襲で名古屋城が焼失、1991年−信楽高原鐵道列車衝突事故(死者42名、負傷者614名)

今日は、劉備が皇帝に即位し蜀(蜀漢)が成立です。蜀(蜀漢)は、三国時代の3国の一つです。劉備(字・玄徳)は、関羽張飛と苦闘をしながら諸葛亮と出会いました。その後は孫権と同盟を結んで「赤壁の戦い」で曹操を破り、孫権とともに荊州を攻め、荊州の4郡を制圧して支配下に収めました。その後、劉璋の配下の張松・法正らの手引きで劉璋から領土を奪い、益州の大半を奪いました(入蜀)。孫権荊州南部を割譲し、漢中を守備している夏侯淵を「定軍山の戦い」で討ち、曹操から漢中を奪って「漢中王」となりました。しかし、関羽荊州方面から曹操領に侵攻しましたが、曹操と密かに同盟を結んだ孫権荊州を攻撃されました。荊州は失陥し、関羽は捕虜となり孫権に処刑されました。曹丕後漢を廃して「魏」の皇帝となると、劉備は対抗して「蜀」の皇帝となりました。それから荊州奪還と関羽の仇討ちのため「呉」を攻めましたが「夷陵の戦い」で大敗し、劉備孫権と和睦を結びました。そして、劉備諸葛亮に後事を託して死去します。

次は、刀伊の入寇です。刀伊とは、高麗語で高麗以東の夷狄、「東夷」に日本文字をあてたものです。刀伊の入寇は「遼」配下の満洲を中心に分布した女真族満洲民族)と見られる海賊船団が壱岐対馬を襲い、更に筑前に侵攻した事件です。「刀伊」は賊船約50隻(約3000人)の船団を組んで突如として対馬に来襲し、島の各地で殺人や放火を繰り返しました。国司対馬守遠晴は島からの脱出に成功し、大宰府に逃れました。賊徒は続いて壱岐を襲撃し、老人・子供を殺害すると壮年の男女を船にさらい、人家を焼いて牛馬家畜を食い荒らしました。賊徒来襲の急報を聞いた国司壱岐守・藤原理忠は、ただちに147人の兵を率いて賊徒の征伐に向かいましたが、3000人という大集団には敵わず、玉砕してしまいました。藤原理忠の軍を打ち破った賊徒は、次に壱岐嶋分寺を焼こうとしました。これに対して嶋分寺側は、常覚(島内の寺の総括責任者)の指揮の元、僧侶や地元住民たちが抵抗して応戦しました。そして賊徒を3度まで撃退しましたが、その後も続いた賊徒の猛攻に耐えきれずに常覚は1人で島を脱出し、事の次第を大宰府に報告へ向かいました。その後、寺に残った僧\xCE

靴燭舛倭缶任靴討靴泙ぁ⊋菠ⅶ萁牢挈遒靴泙靴拭◀修慮紂◆崚甍法廚話涸姐颪暴瑛茲掘∅鄲深鯁佞泙膿圴類靴泙靴拭◀修靴董⊆鯁嫦楼茲鮃咾蕕群鵑蠅泙靴拭B膾妨⊃磧ζ8粁寛箸篭綵◀旅訛欧簓雹里鯲┐い董崚甍法廚魴眤爐靴泙靴拭◀海Δ靴董∉8粁寛箸蓮崚甍砲凌噲供廚ǂ蘰䡄椶鮗蕕衄瓦④泙靴拭\xA3

その次に、北関東戊辰戦争:壬生安塚の戦いです。「岩井の戦い」で敗れた「純義隊」、「誠忠隊」、「回天隊」の残兵は、宇都宮城旧幕府軍と合流しました。旧幕府軍は、江戸を後発して既に壬生周辺に進軍して来ていた永倉新八ら「新選組」や郡上藩兵および「衝鋒隊」、そして下野国に侵入していた秋月登之助が率いる会津藩兵と連携して壬生城攻略を企てました。そして、秋月登之助が率いる旧幕府軍宇都宮城を出立し、新政府軍の安塚陣地に総攻撃をかけました。連戦連勝の旧幕府軍の勢いは猛烈で新政府軍は敗退し、安塚を占拠しました。一方、壬生城には鳥取藩士・河田景与が率いる新政府救援軍が入城しており、安塚敗北の報を受けて壬生城から討って出た河田景与自らが率いる鳥取藩兵の反撃に遭って、姿川対岸に撤退しました。さらに伊地知正治が率いる救援第二軍が壬生城に接近している報を受け、旧幕府軍は止む無く宇都宮城へ撤退しました。

その次の次に、紀尾井坂の変です。内務卿・大久保利通が東京麹町紀尾井町清水谷(紀尾井坂)で不平士族6名によって暗殺された事件です。実行犯は石川県士族の島田一郎、長連豪、杉本乙菊、脇田巧一、杉村文一と島根県士族の浅井寿篤の6名でした。中心的存在となったのが島田一郎でした。島田一郎は加賀藩足軽として「第一次長州征伐」や「戊辰戦争」に参加しました。「不平士族の反乱」の時、島田一郎も金沢で挙兵を計画しましたが、失敗しました。この後、島田一郎らは高官暗殺に方針を変更しました。午前8時頃、大久保利通麹町区霞ヶ関の自邸を出発し、明治天皇に謁見するために二頭立ての馬車で赤坂仮皇居へ向かいました。午前8時30分頃、紀尾井町清水谷(紀尾井坂付近)で暗殺犯6名が大久保利通の乗る馬車を襲撃しました。日本刀で馬の足を切った後、御者の中村太郎を刺殺しました。次いで、乗車していた大久保利通を馬車から引きずり降ろそうとしました。大久保利通は島田一郎らに「無礼者!」と一喝しましたが、斬殺されました。島田一郎らは刀を捨てて大久保利通の罪五事と、他の政府要人(木戸孝允岩倉具視大隈重信伊藤博文黒田清隆、川路利\xCE

鼻砲虜瓩魑鵑欧浸怠‐擷鮗蠅房ɥ鵑靴泙靴拭◁隠菊詎紡腟彿殕瓉未棒菊鶲民β膺辰ⓓ病◀気譟⊄腟彿殕瓉未Ľ茲啗羲圓涼翅実析困琉嵶郤阿ⅴ圓錣譴泙靴拭◁隠憩詎卜昭圓料魑靴ⅴ圓錣譟⊄腟彿殕瓉未料魑靴蓮⊄腟彿歸,鵬颪垢觴圍隠横娃位抄瓩咩⌅駘僂錬苅毅娃葦瀝召蠅箸いΧ畭綟䡄椹望綺能蕕旅饒魑藾魑靴箸覆蠅泙靴拭•坼椶楼纏θ箸髻峭饂殭函廚箸靴峠萢鈇掘⇔彁髹枷十蠅魍ʑ澆靴萄枷修鮃圓辰藤玉召和㉖訢∋尊瓩箸覆蠅泙靴拭◀海了檥錣魑,棒坼楾盍韻琉榮阿虜櫃蓮⊃彽佑龍甕卻爾蕕砲茲觚遽劼ⓘ佞唎茲Δ砲覆蠅泙靴拭\xA3

そのまた次に、第二次世界大戦ナチス・ドイツ軍がロッテルダムを爆撃し、オランダが降伏です。ナチス・ドイツ軍によるロッテルダムへの爆撃後に、同様の惨劇が他の都市に及ばないようにと、オランダ軍が降伏と言う選択を行ないました。その結果、ナチス・ドイツが勝利し、オランダを占領しました。オランダ政府はイギリスに亡命し、亡命政府を作りました。しかし、オランダが再び自由を得るまでには、5年の歳月と25万のオランダ人の犠牲が必要となるのでした。

最後に、第二次世界大戦:名古屋空襲で名古屋城が焼失です。1945年5月14日未明、524機の「Bー29」がマリアナ諸島から出撃しました。「Bー29」は御前崎、波切、潮岬南方の洋上より伊勢湾、志摩半島を北上して三重、奈良、滋賀、岐阜を経て名古屋に侵入しました。早朝6時23分に警戒警報が発令、7時50分に空襲警報が発令されました。先頭機が目標上空に達したのは8時5分でした。9時25分までに焼夷弾2515トンを投下しました。そして、焼夷弾名古屋城にも投下され、大天守、小天守、本丸御殿、東北隅櫓、正門、本丸の枡形門、金鯱が直撃を受けて炎上焼失しました。戦後、三之丸を除く城跡は、北東にあった低湿地跡と併せて「名城公園」とされました。園内には、戦災を免れた3棟の櫓と3棟の門、二之丸庭園の一部が保存されました。土塁・堀・門の桝形などは、三之丸を含めて比較的よく残されています。天守は、地元商店街の尽力や全国からの寄付によって1959年に再建され、復元された金鯱とともに名古屋市のシンボルとなりました。天守に続いて本丸御殿の復元が計画され、2018年の全体公開を目指して総工費150億円が投じられて\xC9

賓気気譴討い泙后B莉住以鑱矛鎧蔑甦鰻鹽豎し慨俵荵蔑甦韻鯡海瓩討い寝ⓔ鳥颪蓮◆嵬掌轍斡晡院廚虜櫃坊眥討気譴栃疥困箸覆辰進瞳海痢孱臓檻横后彷纊盖‥訃莪漐横渓召鮗ǂ蕕量仁瓩能莊困靴泙靴拭複隠洩召老確Р餤弔濃犒哉酬茵⊇莊困錬況遑横呼訢∋弔蝪隠玉召亙疥此棒鏝紂ゟ餾殍^稟拭癖疥叉埖垪瓠砲北笋錣譟■袖蘋鑒箸箸靴届ゟ膵餬該嚢盪蔑甦荏躬蔑疉堯複韮硲僉砲紡疂瓩気譟〼鎧㰏枷宗焚I曜…遏砲乏櫃韻蕕譴泙靴拭•鑒蛤枷修任硫ⓔ鳥颪蓮∧瞳海砲茲覿晡韻砲弔い董岼貳婿毀韻鯡技蹻瓩忙♡鈇靴茲Δ箸靴震戯絞滅纊發任△襦廖◆崚訃莪漚魯蓮璽鮎鯡鶲稟燭寮鑒箸任△蝓∧疥困任呂覆ぁ廚氾按貪Ľ房臘イ掘ヿ〇,篳瞳慨愀玄圓砲茲詛纊發寮掬𣝣修鯣稟宗∧疥叉埖圓虜瓩防佞い討眩缶姪Ľ冒茲い泙靴拭0貶釥◆峪笋劼箸蠅⓰貔擇寮嫻い鯢蕕Α廚箸靴董∧疥砂莊困亡悗錣辰辛异爾鯣澆ぁ⊆ǂ蘋嫻い鯢蕕θ噱世魴ǂ衒屬靴泙靴拭◀海陵佑焚ⓔ鳥颪旅盞蕕併兩Ľ蓮∧瞳蓋〇‖Δ篋枷輯韻凌瓦鬚眛阿ǂ掘∈能ŮĽ砲亙瞳蛎Δ❶嵬掌轍斡晡韻鰐戯絞滅纊發任△蟾餾殍^稻,任△襦廚箸慮ɞ鬚鯑海Ⅸ个垢忙蠅蠅泙靴拭◁隠坑苅糠哿昂遑隠憩訢∩祿萆廛螢坤鵑砲胴兵鷏困ⅷ更圓気譴泙靴拭﹆莊困謀槪燭蝓∈枷修鮹甘\xF6

した検事・弁護人を初め、国内でも秩父宮から助命嘆願や減刑の要望書が出されたり、GHQ側の法務担当官から「終身刑が相当である」、「絞首刑ではなく銃殺刑とするべし」との意見も出されましたが、絞首刑による死刑が執行されました。

今日の誕生日:松平頼徳、斎藤茂吉佐原健二ジョージ・ルーカス、大間ジロー(元オフコース)、古尾谷雅人佐戸井けん太ケイト・ブランシェット日村勇紀バナナマン)、豊田綾乃野久保直樹吉野紗香柴田亜衣、マギー、オルフェーヴル

今日の記念日:母の日、種痘記念日、温度計の日、合板の日、碁石の日、けん玉の日

今日の「今日訓」:本日は、「母の日」です。アメリカのアンナ・ジャービスが母の死後、その墓に白いカーネーションを飾った事が由来です。水銀温度計を発明し、華氏温度目盛り(F)に名前を残すドイツの物理学者ファーレンハイトの、1686年の誕生日から「温度計の日」、中国でファーレンハイトに「華倫海」の字を当てた事から「華氏」と呼ばれるようになりました。1796年、イギリスの外科医エドワード・ジェンナーが初めて種痘の接種に成功した事で「種痘記念日」、日本における合板の創始者・浅野吉次郎の誕生日1859年(安政6年)5月14日から「合板の日」、1919年にけん玉の原型となる江草濱次氏が考案した「日月ボール」が実用新案登録された事で「けん玉の日」、「碁(5)石(14)」の語呂合わせで「碁石の日」となりました。